TOP > 活動報告・イベント案内・連絡掲示板

活動報告・イベント案内・連絡掲示板

本プロジェクトでは、講義や研究はもちろん、より地域に社会と連携し、各種イベントや活動を行っていきます。
ここでは各種活動、イベントの情報を逐一更新していきます。
※受講生への連絡は受講生用連絡掲示板にて行っています。

6月9日の第8回CO2入門は,あつぎ環境市民の会元代表の狩野光子様にご講演いただきました.狩野様にもこのプロジェクト発足当時から講師をお願いしております.タイトルは一貫して「持続可能な社会をめざして」ですが,今回もたくさんの新聞切り抜きなどの配付資料をご準備くださいました.


狩野さん1.jpg


狩野さん2.jpg

第3回 Stop the CO2 入門 ヴェルデ 田野島 様

外部講師を招いた第2弾のStop the CO2入門は,天然土壌資材「ヴェルデナイト」の開発・製造を行っているベンチャー企業「ヴェルデ」代表取締役の田野島様にお願いいたしました.この入門授業の「常連」にして「人気講師」のおひとりです.スライドは,ほとんどがモノクロの文字のみにもかかわらず,その広い教養と深い洞察力に裏打ちされた含蓄のあるお話は,多くの学生の興味を引いたようでした.腰の調子がお悪いということで,杖をついて歩いていらっしゃいましたが,講義の間は立ったままでお話しいただき,大変恐縮するとともに,田野島様の気骨を感じずにはいられませんでした.


タイトルと田野島さんs.jpg






第2回 Stop the CO2 入門は,厚木市役所環境農政部様に講師をお願いいたしました.
4月から厚木市内でアパート暮らしを始めた受講学生が少なくないだろうということで,
厚木市のゴミの出し方や環境問題への取り組みをお話しいただくために,毎年,最初の
講師としてお招きしています.例年,環境農政部様が厚木市の環境行政協力会社関係
者を講師として同伴して下さいます.今年度は,市内リサイクルベンチャー企業のベスト
トレーディング株式会社様からお話を伺うことができました.ベストトレーディング様は,
社員の半数が障がい者ということで,環境だけでなく人にも優しい会社を目指している
とのことです.
今年度の受講生はややおとなし目で,最後の質問はちょっとさびしい感じでした.
次回以降は,もう少し活発に質問が出ることを期待しています.

地球温暖化の現状.jpg
環境政策課 山崎様(「ざき」の字は「立」の字です.文字化け防止のためご了承ください)


資源とごみの正しい出し方.jpg
環境事業課 服部様

ベストトレーディング.jpg
ベストトレーディング様

Stop the CO2 入門 ガイダンスのご案内

今年度のStop the CO2入門のガイダンスを以下の日程で実施いたします.
環境問題に興味のある新入生はぜひご参加ください.

 日 時 : 4月14日(土) 11:10?12:20
 場 所 : K3-3404
 内 容 : 科目概要,スケジュール,履修希望者調査,簡単なアンケート など

                                   以 上
 5月27日の第六回CO2入門は,あつぎ環境市民の会前代表の狩野光子様のご講演でした.

 授業開始前に教室に伺うと,いつもの上品でチャーミングなお声で,いろいろと話しかけてく
ださいました.もう古希だから誰かに後を託したいようなお話もされていらっしゃいましたが,ご
講演を拝聴した限りでは,環境問題を中心に,まだまだ溢れる思いが後から後から湧き出て
きているようでした.

 演題は,「持続可能な社会を目指して」ということで(少なくともここ数年は一貫してこのタイト
ルです),広い視野で世界を見渡し,総合的に物事を判断できる力を身につけるように,といっ
たアドバイスから始まり,持続可能な社会とはどんな社会か,環境問題と何か,について,い
ろいろな事例,資料,経験などを交えて,お話し下さいました.

  いつもご講演の際には,「お土産」を持参して下さいますが,今回は,今朝ソーラークッカー
で作ったという「ゆで卵」とソーラークッカー「ひまわり」,そして,なんと「南極の氷」が,お土産
でした.南極の氷は,ビニール袋の口をあけて耳を近づけると,中から気泡が「プチプチ」と出
ているのが聞こえてきます.ソーラークッカーとゆで卵は学生が持ち帰りましたが,南極の氷は,
このまま融かしてしまうのはもったいない,と斎藤先生が持ち帰りました (^o^) .


タイトル(狩野さん)s.jpg


狩野さんとソーラークッカ.jpg





5月20日(土)の第五回目のCO2入門は,三人目の学外講師として,動物写真家の
園原徹様にご講演いただきました.
園原様にも,このプロジェクト開始当時から,毎年ご講演をいただいております.

クマが好きで,毎年のように北極圏へクマ(シロクマやグリズリー)の撮影に行って,
クマだけでなく北極圏の動物や自然の素晴らしさ,厳しさをファインダーに収めてこら
れた方です.

現在は,ご家族の介護のため,北極圏へは行かれていないということで,北海道の
自然や動物の撮影(空撮が多いようです),新境地として大型船の撮影などを行って
いるようです.今回は,まずこれらの写真の紹介から始まりました.

実は,ご講演開始後,いつもと比べて元気がないような印象を受けていたのですが,
アラスカや北極圏の写真の紹介になり始めると,だんだん,いつもの調子が戻って
きたように感じました.私たちにとっては,北海道の知床でもかなりの秘境ですが,
園原様にとっては,やはり,北極圏の話でないと元気が出ないのかもしれません.

何度見ても極北の写真には魅せられるものがありますし,園原様の体験談は興味を
引きます.はじめての学生たちにとっては,なおさらでしょう.

ご講演の最後に,恒例のじゃんけん大会(園原様が撮影した貴重な写真がプレゼント
されます)を行い閉会となりましたが,これも恒例で,解散後,学生たちが園原様を囲
んで質問攻めにしていました (^o^)


タイトル(白くま)s.jpg


















園原さんs.jpg


講演終了後s.jpg